スポンサーリンク

【観ないと損する】北海道のスター大泉洋のおすすめのドラマ8選

北海道

北海道のスターである大泉洋さん。北海道では「水曜どうでしょう。」や「1×8行こうよ」などバラエティのイメージが強いですが、俳優としても数々の作品に出演し、主演も多く務めています。

そんな大泉洋さんの出演作品でおすすめのドラマを紹介します。

大泉洋 おすすめドラマ

ラッキーセブン

2012年に放送されたフジテレビドラマ「ラッキーセブン」は、恋愛を描いてきた「月9」枠では珍しい青春群像劇。東京・北品川の「北品川ラッキー探偵社」を経営している女優・松嶋菜々子さん演じる藤崎瞳子社長を中心に7人の探偵が案件を解決していくドラマ。
主人公・時多駿太郎は嵐の松本潤さんが演じ、スペシャルドラマやスピンオフドラマ、サイドストーリーなどシリーズ化。大泉洋さんは、ラッキー探偵社に勤めて12年目のベテラン探偵・旭淳平役。
駿太郎の教育係を任されていますが、ひょうきんな性格から普段はメンバーからぞんざいな扱いを受けることが多い。調査中に女性へアプローチしたりしちゃいますが、腕っぷしが強く、12年の探偵キャリアは伊達ではない。大泉洋さんのためにあるようなキャラクター。

ハケンの品格

日本テレビドラマ「ハケンの品格」では、主演の篠原涼子さん演じる主人公・大前春子は、登録型派遣社員の中でも特Aランクの高評価を受けている人物。丸の内にある、食品会社S&Fの営業事業部マーケティング課で働くことになった大前春子は、思ったことは何でも言い、契約外の仕事は一切引き受けないという徹底振り。
S&F営業部販売二課主任の東海林武とは、どうしてもそりが合わず「とっくり(大前春子はタートルネックのセーターを愛用しているため)」、「クルクルパーマ」と言い合いになってしまう。このドラマが平均視聴率25%を獲得し、準主役だった大泉洋さんも本格的に俳優としてブレイク。

ハケンの品格をHuluで観る(2週間無料)

ハケンの品格をU-NEXTで観る(31日間無料)

救命病棟24時

松嶋菜々子と江口洋介の共演が大好評だったフジテレビドラマ「救命病棟24時」。救命救急センターを舞台に、医者たちの苦悩や生命の尊さをテーマにした医療ドラマ。大泉洋さんが出演したのは、第3シーズンで舞台は東都中央病院の高度救命救急センター。首都直下型地震が起きたという想定でドラマは進行。
震災が起きたことで、殺人的なほどの超多忙の救命救急センターの看護師・佐倉亮太は、冗談を言いつつも紳士に看護をする姿勢が印象的。第3シリーズが最終回を迎えた翌週にはアナザーストーリーとして「看護師たちの救命救急センター」放送される。

暴れん坊ママ

主人公・川野あゆ(上戸彩)は、田舎育ちで荒っぽく、男勝りの海の女。教養はないが、気取らず
真っ直ぐな元気娘。一方、川野哲(大泉洋)は、そんなあゆを愛しながらも振り回される都会育ちの
バツイチ美容師。外ヅラはいいが、実はだらしない小市民的存在。
年の差、バツイチという壁を乗り越えてあゆと哲はめでたく結婚、甘~い新婚生活が始まった矢先、
いきなり哲の子供だと名乗る5歳の男の子がやってきて、前妻の身勝手な事情で、その男の子を引き取るハメに・・・。

スポンサーリンク

the 波乗りレストラン

サザンオールスターズ結成30周年と日本テレビ開局55周年を記念して制作されたスペシャルドラマ。サザンのヒットナンバー33曲に乗せて、茅ヶ崎で開業するレストランに集う人々の人間模様を描く。出演は大泉洋、西村雅彦、布施博、富田靖子、柳沢慎吾ほか。茅ヶ崎の海の見える丘に、開業を待つ一軒の店があった。店の名前は“波乗りレストラン”。マスターの小波健司は、荒れ邦題だった店を片づけて開店準備をしていたが、そこに旧知の先輩がやってきて…。

 

シェアハウスの恋人

それなりに人生を満喫してきたが、気付けば一人ぼっちのまま30歳になっていたOL・津山汐(水川あさみ)は、孤独を癒やし、退屈な現状を打破するため、都会のあるシェアハウスでの生活をスタートさせる。やがて、汐は一念発起し、以前から心引かれていた40歳のフリーター・桜井雪哉(谷原章介)に同居を申し出、承諾される。しかし、雪哉が同じシェアハウスで暮らす謎の多い男・川木辰平(大泉洋)に恋心を抱いたことから、3人の不器用な三角関係が始まる。

 

赤鼻のセンセイ

家電量販店の店頭販売員をクビになったばかりの、しゃべりと笑わせ上手を自認する石原参太朗(大泉洋)。
教員免許を持っていた彼は、ひょんなことから院内学級の中学生3人を担当することになる。
生徒を“笑わせること”こそ一番大切だ、との信念を持っている参太朗。
一生懸命なのはいいが、笑いのセンスがなかったため、やることなすこと全て裏目に出てしまう。
そして、空回りな“情熱”のせいで、院内学級の責任者の女性教師・太川絹(小林聡美)と衝突を繰り返すことになる。
果たして、参太朗は、長期入院で気持ちまで暗くなりがちな生徒たちの『生きる力』を引き出し、病院の人気者になれるのか?

赤鼻のセンセイをHuluで観る(2週間無料)

地の塩

神村賢作(大泉洋)は、歴史を覆す大発見をした勤勉な考古学者。彼が発見した塩名遺跡は、定説では日本に人類が存在しないとされる時代のものだった。遺跡が発掘された塩名町は、過疎化が進んでいたものの、一気に観光地として活性化する。神村のこの功績は、教科書編集者・佐久間里奈(松雪泰子)の尽力により、調査段階にもかかわらず歴史教科書にも掲載が決まる。里奈は、熱っぽく古代のロマンを語り、真摯に考古学と向き合う神村の人柄に惹かれる。文部科学省史料保存庁の次長・沢渡善三(陣内孝則)は、後輩にあたる神村の活躍を嫉妬しつつも見守っていた。そんな中、神村が新たに着手した発掘現場から13年前に行方不明となっていた女学生の人骨が見つかり、当時事件を追っていた刑事・行永太一(田辺誠一)は捜査を再開するが・・・。

地の塩をU-NEXTで観る(31日間無料)

 

大泉洋 その他作品

大泉洋さんはドラマだけでなく映画でも多くの作品に出演し、主演も務めています。

そんな大泉洋さん出演のおすすめ映画をまとめた記事はこちら

 

コメント